メロハー オススメアルバム 2023年1月27日発売 CROWNE/OPERATION PHOENIX

RECOMMENDED ALBUM

こんにちは、メロハーを愛して30年、トミーです。

今日は2023年1月27日発売のCROWNE/OPERATION PHOENIXのレビューを
独断と偏見でさせていただこうと思います。

結論から言うと、メロハー好きの人は絶対買って下さいって
言いたくなる素晴らしいアルバムでした。

created by Rinker
¥2,760 (2024/07/19 16:57:12時点 楽天市場調べ-詳細)

本当にありがとうを2度言いたくなります。

何故かって?

①こんな凄いメンバーで2ndアルバムを出してくれるなんて
②こんな素晴らしいアルバムを作ってくれるなんて

個人的には2021年一番気に入ったアルバムがこのCROWNEの1stアルバムだったので、
期待はしていたものの、『あれを超えれるの?』って疑念もあったのですが
完全に杞憂に終わりました。

では、レビューしていきますね!

メンバー

ボーカル / アレクサンダー・ストランデル

最初に知ったのは『DIAMOND DAWN』というバンドでしたね。

個人的にはイマイチパッとしない印象でしたが、
とにかくルックスの良いボーカリストだなぁと思いました。

その後は『ART NATION』というバンドで3枚のアルバムが出てますが、
どれも良いアルバムですので、機会があればご試聴をオススメします。
このCROWNEよりはポップ色が強いですかねぇ?
いづれにしても、良いメロハーバンドだと思います。

ギター / ラヴ・マグヌソン

DYNAZTYのギタリストさんですね。

DYNAZTYも素晴らしいバンドですね。
私はギタリストではないのですが、この人のギターソロは
本当に印象に残ります。

ベース / ジョン・レヴィン

最初にCROWNEのメンバー見た時はビックリしました。

あのEUROPEのジョン・レヴィンですよ。
ハードロックに興味が無い方でも『THE FINAL COUNTDOWN♪』は
ご存知じゃないでしょうか?

1stアルバムのビデオを見た時、寡黙にベースを弾いている姿を見て
ちょっと感動してしまいました。

キーボード / ヨナ・ティー

言わずと知れた、H.E.A.T.のキーボーディストであり
メイン・ソングライター、このCROWNEでもほとんどが彼の作曲のようですね。

個人的に今一番好きなソングライターと言ってもいいくらい
彼の作る曲に外れは自分にとっては皆無です。

H.E.A.T.、CROWNE、NEW HORIZONなど
彼の創作意欲には本当に脱帽します。

ドラム / クリスチャン・ルンドクヴィスト

元POODLESのドラマーさんですね。

POODLESも大好きだったんですが、残念ながら解散してしまいましたね。

なんと、以前にはR.A.W.にも在籍していたとか。
昔、良く聞きました。

とまあ、良くこれだけのメンバーが集まったなぁという感じの
凄いメンバーですが、まさか2ndアルバムまで作ってくれちゃうとは・・・。

本当に感謝ですね!

レビュー/個人的には98点

もうアルバムをスタートして数秒で傑作との確信を得ましたね!

1. OPERATION PHOENIX

タイトルトラックですね!

物悲しいイントロでノックアウトされたと思いきや、
そこからギターが参入してドラマティックな展開に・・・。

いきなり名曲かい・・・。
いかん、鳥肌が止まりません。

サビはライブで大合唱したくなりますね。

2. CHAMPIONS

印象的なイントロから、アップテンポに・・・。

サビでアレクサンダーの力強いボーカルにノリノリになれますね。

ヨナ・ティーが作ってるから当たり前ですが、ちょっとH.E.A.Tっぽくもありますね。

3. IN THE NAME OF THE FALLEN

疾走感あふれるイントロから始まるいい曲ですね。

サビの一体感あるアレンジが個人的には大好きです。

4.SUPER TROOPER

アレクサンダーの作詞、作曲ですね。
何かうまく言葉に出来ないのですが、この人独特のメロディーというか
前作の『KINGS IN THE NORTH』に通じる雰囲気を感じるのは私だけ?

5. READY TO RUN

ヨナ・ティーの印象的なキーボード・ソロから始まる
アップテンポの良い曲ですね。

アレクサンダーのボーカルもしっとりといい感じです。

6. JULIETTE

これもアレクサンダーの作詞、作曲ですね。
アレクサンダーの広い声域を活かした曲ですね。

個人的には他の曲に比べて、サビメロの印象が少し弱いかなぁ・・・。
曲が悪いのではなく、彼らに求めるのは自然とかなり高いものになってしまいます。

7. THE LAST OF US

このアルバムでは初めて登場するヘヴィでずっしりとした曲。
でも、サビはしっかりキャッチーでCROWNEらしい佳曲です。

8.JUST BELIEVE

サビを聞いた時に、『お~、かっこいい』と思うと同時に何か聞いたことあるような
感じがしたのですが、CDの解説を見て、『うん、確かに』。

ECLIPSEっぽいんですよね。

エリック・モーテンソンが作った曲と言われても全く疑わないかも?

9. ROAR

この始まり方、好きです。

サビのギターアレンジもかっこいい!

10. VICTORIOUS

個人的に後半のハイライト曲です。

しっとりとした歌い出しのアレクサンダーのボーカルも良いですね。
サビではしっかりと得意のハイトーン・ヴォイスを聞かせてくれますね。

本当にルックスだけでなく、しっかりとした実力を持った
素晴らしいボーカリスト、ソングライターです。

11. NORTHERN LIGHTS

この曲だけ、他とだいぶ違う印象ですが、でも、CROWNEらしいんですよねぇ。

本編を印象的にまとめてくれた佳曲です。

12. SUPER TROOPER(ACOUSTIC VERSION)

日本盤のボーナストラックって取ってつけたような別アレンジで
なくてもいいかなぁって思うことも少なくないのですが、
これは良かったですね。

基本的にアコギ1本とアレクサンダーのボーカルのみで
彼のボーカルの良さがより引き立ちますね。

まとめ:2023年1月27日発売 CROWNE/OPERATION PHOENIX

あっという間の約50分でした。

今年これ以上のメロハーアルバムは出るのか?というほどの
素晴らしいアルバムで、当分私のヘビロテになるのは決定です。

本当に全てのメロハーファンにオススメしたいですね。

created by Rinker
¥2,760 (2024/07/19 16:57:12時点 楽天市場調べ-詳細)

あわよくば、来日公演して欲しいですが、難しいかなぁ・・・。
気の早い話ですが、3rdアルバムも継続して期待したいですね。

それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました