ついに発売、EZ KEYS 2が新機能を携えて登場!

DTM

こんにちは、DTMをのらりくらり30年続けているトミーです。

ピアノ(鍵盤)演奏も出来ないし、どうやってアレンジしたらいいのかわからないという方に
とてもオススメなソフト音源にTOONTRACK社から発売されている
EZ KEYSというものがありますが、
5/16にEZ KEYS 2というアップグレード版が登場しました。

今までのEZ KEYSも便利な機能で楽曲制作に大きな助けを
もたらしてくれておりましたが、今回のEZ KEYS 2には更にびっくりするような
便利機能がたくさんついております。

それではご紹介していきます。

音質が大幅に良くなった

EZ KEYSは作曲を支援してくれる機能が盛りだくさんであるものの
音質がイマイチと感じていらっしゃった方も多いのではないでしょうか?

今回のEZ KEYS 2は見た目も豪華に音質もかなり良くなっています。

上のピンクのタブをクリックすると、たくさんのプリセットが出てきます。

ピンクの『Effects』のタブをクリックすると、
簡易的ではありますが、エフェクトをいじることも出来ますね!

Grooves

EZ KEYS 2にはたくさんのプリセットフレーズが搭載されておりますが、
EZ KEYSはジャンル的な区分けはありましたが、
プレイスタイル的な区分けはありませんでした。

今回のEZ KEYS 2には『Riffs』『Arpeggios』『Ostinatos』『Pads』と
奏法スタイルからの検索が可能になっており、
個人的にはベーシックで、いじりやすいフレーズが多く搭載されており
使い勝手が良さそうに感じましたし、
検索の幅が増えて、嬉しくなりました。

Grid Editor機能

TOONTRACK社のEZシリーズをお使いの方にはおなじみの機能ですが、
EZ KEYSには搭載されていなかった『GRID EDITOR』機能が
EZ KEYS 2に搭載されました。

下部のルーラーにフレーズをドラッグして
上部の『Grid Editor』タブを選択すると、ソフト音源側の画面で
MIDI DATAが確認できるわけです。

今までは一度DAWソフト側にデータを移動して微調整という流れでしたが、
こちらでいらない音を削除したり、移動したり
または新たな音を追加したりというのが簡単にできるわけです。

また、画面緑枠のツマミを動かすことでベロシティが変更できたり
ランダマイズが出来たりとお手軽な微調整機能がついてますね。

こういった細かい作業をする際に、画面が小さいと非常にやりづらいですよね。
今までのEZ KEYSでは画面の拡大や縮小が出来なかったのですが、
今回のEZ KEYS 2からは右下のピンク枠辺りをドラッグすることで
画面の拡大が出来るようになってました。

GRID EDITOR画面での作業は画面が小さいとやりづらいので、
地味に嬉しいアップデートです。

Bandmate機能

皆さん、作曲される際はどこから手をつけますか?

  1. 歌詞から
  2. メロディーから
  3. ギター等のリフから
  4. コードから
  5. ドラムから

こんなところでしょうか?

私は4番、5番のパターンが多いのですが、
今までは例えばEZ DRUMMER等で気に入ったフレーズを見つけても
それに合ったピアノ等のフレーズを聞きながら、探していかないといけませんでした。

今回のEZ KEYS 2のアップデートで『BANDMATE』が加わったことにより

  1. 気に入ったドラムフレーズを見つける
  2. そのドラムフレーズに合った、ピアノフレーズを見つけ
    同時にコード進行も考えてしまう。

そんなことが本当にお手軽になったのです。

細かいことは気にせずに、音楽的に破綻していないアレンジを簡単にやりたいという
私のようなズボラな人間には最高に嬉しい機能です。

やり方は簡単で、

上から『BANDMATE』のタブを選び、フレーズを画面上にドラッグしてくるだけです。
AUDIOでもMIDIでもどちらでもOKです。

今回はEZ DRUMMER 3からこんなフレーズをベースにしてみました。

実際にEZ KEYS 2の方にこのフレーズを読み込ませるとこんな画面になります。

上のピンクの部分で再生、試聴ができます。
画面上では候補は6つしかありませんが、この下にも膨大に候補は出てきています。

一応、上から下に向かって、このドラムフレーズとのマッチ具合が下がっていく形です。
(上の候補の方がマッチ度が高いということになってます。)

試しに一番上の提案フレーズを選んでみると、こんな感じです。

もう文句のつけようがない、完璧なフレーズじゃないですか?

Suggest Chord機能

EZ KEYSが提案してくれるフレーズはコード進行もオシャレなものが多く
非常に勉強になります。

こういう所からコード進行の知識を増やしていくのは非常に有効な手段だと思います。

加えて、今回追加された『SUGGEST CHORD』機能、
これもとても素晴らしいです。

先程生成されたフレーズを下のルーラーにドラッグして、
『SUGGEST CHORDS』タブをクリックした画面です。

一番上が元々のコード進行ですが、他のコードの候補も提示してくれています。

試しに2番めのコードを『G』に変更してみると・・・、

3番めのコードの提案は、変わっています。

感覚的にパズルのようにコード進行を試すことが出来ますし、
自分が思いつかないコードを提案してくれていたりもするので、
非常に楽しめますね。

候補のコードにいいものがないなぁって時は、もちろん自分で探すこともできますね。

TAP2FIND

こちらも、TOONTRACK社のEZシリーズをお使いの方にはおなじみの機能ですが、
『TAP2FIND』です。

MIDIキーボードをお持ちの方で、ある程度弾ける方向けには
なってしまうかもしれませんが、
オートクオンタイズである程度、揃えてくれたり、テンポを遅くして弾くことも出来るので、
鍵盤演奏に自信のない方も試す価値はありです。

私はピアノはこういう感じのオーソドックスなものが好きなんですが、

こんな感じで『TAP2FIND』上で弾いてみると

演奏が録音されます。

演奏が苦手な方は、ピンクのテンポのツマミで、テンポを落として
ご自分の弾きやすいテンポでトライするのがオススメです。

出来たら、『SEARCH』ボタンをクリック!

こんな感じでイメージに割と近い、フレーズが抽出されます。

逆に最初のイメージとは違うけど、フレーズの音域が高い、低いのもアリだなぁとか
基本右手3和音、左手ルートだけど、途中にアルペジオ少し入れたりのフレーズも
いいなぁ~とか自分の引き出しも広がるのではないでしょうか?

今回シンプルなパターンから抽出して気に入ったフレーズはこんな感じでした。


いやぁ~、素晴らしい、私の大好きな哀愁感が満載のピアノです。

まとめ:ついに発売、EZ KEYS 2が新機能を携えて登場!

数ヶ月前に予約購入して、今か今かと待ち望んでいた
『EZ KEYS 2』

予想を遥かに超える、素晴らしいアップデートでした。

ズボラな私にも、作曲したい意欲が掻き立てられる機能が満載でした。

何も分からない初心者の方、ある程度出来るけど煮詰まってしまった方
誰にでも味方になってくれる素晴らしいプラグインではないかと思います。

では、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

created by Rinker
¥22,000 (2024/04/22 15:55:26時点 楽天市場調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました